資格・就職

業界で働くということ
~卒業生メッセージ~

鍼灸学科


株式会社TCS international 代表取締役
札幌月寒中央整体院
福光 悠介さん
鍼灸学科夜間部2012年卒業

日本のみならず、世界のトップで活躍したい。
柔道整復師取得後に、西洋医学と異なる視点から、今まで以上に目の前の患者様の治療ができ、将来自立できる資格だと確信し、鍼灸の資格取得を目指しました。青葉を選んだのは鍼灸と柔道整復師の両学科があり在校生が多く、仲間と切磋琢磨できる環境だと思ったからです。患者様から「ありがとう」や「信頼している」等の言葉をいただいた時や、院のスタッフたちが仕事を通じて楽しく勉強している姿を見るとやりがいを感じます。鍼灸師、柔道整復師としてはもちろん、資格保持経営者としてもトップで活躍していきたいです。


ノース治療院 副院長
四條 知香さん
鍼灸学科昼間部2012年卒業

鍼灸師として、永く皆様の健康と美容に携わりたい。
30代後半に入り将来の自分の生き方を考えた時期に、思い切って何か新しいことを始めてみようと思い、その選択肢の1つが鍼灸でした。青葉のオープンキャンパスに参加した際、鍼灸師の先生の話に感動し、その日帰宅する頃には入学を決めていました。学生時代には授業はもちろんゼミを通して視野を広げることができました。また、美容鍼の施術をしていると、身体の不調の相談を受けることも多く、鍼灸の効果を感じていただけた時は嬉しくもあり、もっと頑張ろうとも思います。卒業後も日々勉強は続きますね。

柔道整復学科


株式会社PHYSIT 代表取締役・
プラス接骨院 院長
ロコ・ソラーレチーフトレーナー
大森 達也さん
柔道整復学科夜間部2008年卒業

世界で活躍する選手も
地元の患者様も、全力でサポート
理学療法士として札幌で勤務していましたが、地元北見で札幌と同じ医療を提供できる場を作りたいという想いから柔道整復師の資格取得を目指しました。現在は北見市に接骨院を併設したスポーツクラブを経営。特にメディカルフィットネスに力を入れており、治す(接骨院)から動ける体づくり(スポーツクラブ)へと移行できるようサポートさせていただいています。
世界で活躍するスポーツ選手のトレーナーであるのと同時に北見市民のトレーナーとして、目の前の方にどう向き合うか常に考え施術する事を大切にしています。


株式会社 仁 代表取締役
田中 仁さん
柔道整復学科夜間部2012年卒業

1人でも多くの柔道整復師が、
介護福祉に興味を持てる環境づくりがしたい。
大手外食チェーンで勤めていた際に参加した高齢者施設でのボランティア活動で、柔道整復師が機能訓練指導員として高齢者の方々と笑顔で仕事をしていたのが印象的でした。私は今デイサービスを運営していますが、トレーニングや施術を通して利用者様の表情が明るく元気になり、「ありがとう」と直接言っていただけるのは非常に嬉しいです。今後ますます高齢化が進む中で介護福祉業界で機能訓練指導員としての柔道整復師のニーズは高まってくると思いますので、1人でも多くの柔道整復師が介護福祉に興味が持てるような環境づくりと情報提供がしたいと考えています。
資料請求
イベント申込